2013年08月04日

「ききがきすと」とは?

 「ききがきすと」は、NPO法人シニアわーくすRyoma21の活動のひとつです。

「聞き書き」は、語り手の話を聴いてまとめることを言います。Ryoma21では、単にお話を聞いてまとめるだけでなく、語り手の話にじっくり耳を傾け、見出しや写真を加えて文章化し、それを冊子にしてお渡ししています。ご本人だけでなく、ご家族にも喜んでいただいています。そうした語り手に代わって「その人なりの自分史」を残すお手伝いをする活動を、私たちは「ききがきすと活動」と言っています。

そして、、聞き書きする人のことを『ききがきすと』と呼んでいます。「ききがきすと」はRyoma21の登録商標です。

「ききがきすと」はこんな方々に利用していただくことを目指しています。
・親孝行のために:高齢な親や親しい方の生きてきた道や歴史を、今のうちに聞いて残しておきたいという方々に。
・私の記念に:定年退職や人生の節目の記念などに、自分の歩いてきた道を記録したいという団塊/リタイア世代などに。
・自分史/家族史として:自分が体験した特別な出来事や生きてきた道を、次の世代に記録として残しておきたい方々に。

「ききがきすと」のご用命は、こちらをご覧ください
 → http://kikigakist.ryoma21.jp/category/6951596-1.html

「ききがきすと」の作品一覧は下をご覧ください 
 → http://kikigakist.ryoma21.jp/article/126369772.html

さらに、Ryoma21では「ききがきすと養成講座」の開催をしています。一定以上の「聞く/書く」という技術を持った、優れた『ききがきすと』を養成するためのもので、庶民の歴史を次の時代につなげていく担い手として活動していただきます。Ryoma21だけが認定できる資格です。

posted by ききがきすと at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「ききがきすと」とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。