• ホーム
  • の 「2015年06月」の記事一覧

2015年06月29日

いのち輝かせ、また明日

語り人 庄司菊江(しょうじ きくえ)さん


このままでは絶対死ねない   

syo2.jpg私が地域活動やボランティアにすごく興味を持ったのは、60代の初めの頃でした。その頃、まだフルタイムで勤めていたのですが、ものすごく疲れて疲れて、どうしようもなくて、病院でいろいろ精密検査を受けたら「慢性肝炎」と診断されました。医師から「だいぶ進んでますよ」って言われたのです。


勤め先が福祉関係の仕事だったので、3月いっぱいは勤めなければなりません。でも本当にひどく疲れて、もう定年でうちにいた主人に送り迎えをやってもらって、なんとか331日まで勤めて、やめさせてもらったのです。


それで病院に行ったら、「即入院」。一週間ぐらいの入院といわれ、たいしたことないなんて思っていたら、とんでもない・・。一ヶ月入院して、そのあとまた一日おきに注射しにいかねばならないという大変な病気でした。インターフェロンの注射がきつく、また、いろいろな薬も飲まなければならず、薬漬けで食欲も体力も全くなくなりました。 


うちの主人がまだ仕事があったので、朝は見送らなければと玄関まで行くと、「おまえ、幽霊は夜出てくるものだぞ。 昼間やめろよ」と言われたのは、ちょっときつかったです。朝の私の姿をみるとぞっとして仕事へ行く気もなくなっちゃうって。それから朝は出ないようにしました。要するに、それほどひどかったということです。


顔の色がまっ白で、あのころは今よりすこし肥ってましたが、食べられないのでどんどん痩せてゆき、パジャマのズボンが歩くとずるずる下がってしまうくらいでした。ご飯も食べられない、匂いも駄目、果物をすこし食べられたくらいで、体中痛くなって、寝てもいられないのです。


主人に叩いてもらってもどうにもならなくて、寝てても起きていてもつらくて、テレビだって見る気はしない、音楽だって聞く気がしない。もうどうにもならなかったです。お見舞いに来てくれた友達にも、後から言われました。「庄司さん、このまま何ヶ月もつのかね、死ぬんじゃないかしらと思った」と。 そのくらい重症でした。


私は近くの「江東病院」にかかり、一日おきに注射をしに行きました。元旦の日も注射しに行くのです。すると、守衛さんや看護婦さんが私たちを待っていてくれるんです。それから一年くらい、一日おきに注射している間は、薬が強くって髪は真っ白。髪の毛はとかすたび、洗うたびに、お岩さんみたいに抜けていきました。ですから、かつらを三つも変えました。今はもう使ってないですが。


そんな大病に耐えられたのは、「私はこのままでは絶対死ねない。私が『生きた証』としてやりたい事はまだいっぱいあるんだ」という思いでした。それに、皆さんにいろんなご迷惑かけてきたから、治ったら、何か皆さんのお役に立つことをしたいと思ったんです。そういう気持ちって、とても大事ですね。「病は気から」と申しますでしょ。私はどんなつらいことでも、治るためにいいことだったら、なんでもやりました。ただただ自分で「夢」と「希望」をもっていただけだったんですよ。


一緒に入院していた方が通院にこなくなったので、私が大分よくなってからその方のお宅まで行きました。もうなんにもしないで家で寝たっきり、ご主人がみんなやってくれていたようです。そして、「もうあんな思いするなら死んでもいい」と言うんです。それで私は「あなただめよ」って言ってやりました。


その時、ご主人はいらっしゃらなかったので、また、帰ってくるころを見計らって訪ねて、ご主人に直談判しました。「私は、あなたの奥様と同じ頃入院して、やっと少し元気になりました。それは、ただこれで死にたくないという気持ちでいたからなのです。だから、ご主人、協力してあげてください」ってね。


本人の気持ちはもうめげちゃっているから、電車に乗って行くのがつらいのです。わたしわかりますよ。自分だって青白い幽霊みたいな顔して、バスや電車に乗ったりするのは嫌ですから。紅茶もコーヒーの匂いも駄目で。通院している間は熱っぽくもなりますし、疲れもします。だから、なにしろ送って行ってくれるだけでもよいわけです。


ご主人は奥さんの苦しい様子を毎日みているから、結局、「あんたの好きなようにしろ」って言っていたようです。一日中お布団も敷きっぱなしの彼女に「私は横になるのは夜寝るときだけにして、昼はつらくても起きていましたよ」って、厳しいけど言いました。病人らしい病人にはなっちゃいけないと、自分で心に決めていましたから。


それからは一日おきの通院に、ご主人がちゃん車と送ってくれるようになり、終わるまでずっと待っていてくれていました。病院は、順番があるし、注射したり検査したりで、二時間で終われば御の字です。三時間以上かかることもあり、その間起きているわけだから、気分のよい時はともかく、つらくて大変です。でも、ご主人は終わるまで他所でお茶して待ってくれていましたし、私もできるかぎり、彼女と一緒にお話するようにしていたので、彼女もなんとか乗り越えられました。今では、大好きなカラオケを毎日やるほど元気になりました。


「生きた証」へのチャレンジ 65


元気になった時、心に決めた「生きた証」の実現のため、一番先に「ボランティアコーディネーター」の講座と資格試験を受けました。40人くらい受けて、多少落ちた人もいましたが、私は受かりました。その後、以前福祉の仕事をしていたものですから、江東区の方から人手が足りないので、アルバイトをしてくれないかというお話をいただききました。私以外にもたくさん受かった方はいたので、始めは断りました。うちの主人にも相談したら、「あまり無理して、また体を壊されたら困るし・・」と。でも、向こうがとても熱心に言ってくれたのでやる気になりました。やっぱりこの年で仕事のラブコールがかかるなんてうれしいですから。


その時65歳でしたが、やったらこれがまた楽しいんです、楽しくって、一年ごとの切り替えのたびに、またやってくれって言われると、それがまたうれしくて、毎年更新されていきました。

私が一番担当したのは、耳の不自由な方に手話士をセッティングする仕事でした。その他に、ボランティアをやりたい方の窓口相談をやらせていただき、自分と逆の立場なので、とても勉強になりました。


ボランティアをやりたいという人はけっこうお見えになるので、その方を適材適所のかたちで紹介できるよう、しっかり見抜いてくださいと上司に言われました。女性はわりとスムーズにボランティアに入ることができるのですが、定年になって来る男性の方は、難しいです。肩書がいっぱいありますでしょ。「こういう態度は絶対ダメです」「肩書とか全部とっぱらって、ご自分を無地にしてください」などと、充分話をして、くれぐれも心がけるよういったんですがねえ。


あんまりにも熱心に「大丈夫。私にやらせてくれ」とおっしゃるので、先方の老人ホームに紹介すると、先方も「いいですよ」と言われたので紹介しました。ですが、その日の夕方ホームから「二度とうちによこさないでください」って言われました。


やはり大手の会社の部長をしていた方で、頭でわかっていても、それから抜けられない。威張って、これは違うとか、どうのこうのって。それでは相手の方もおもしろくないでしょう。


それでは別の仕事をと、月に2回ぐらいある切手を切る仕事をやってもらったら、「こんなバカげたことを」と言われました。だけど、ボランティアはそういうものなんです。いろんなイベントの仕事もやってもらったんですが、人に使われることがお嫌いな方なので、自分流にやられるからどうしても失敗が多いのです。


そうすると、他にもいろいろ不都合が出てきて、二度とお願いされないし。きっと不向きなんですね。結局、上司から言ってもらいましたが、割り当てできる仕事はだんだんなくなって、その人のこと考えると頭が痛くなりました。「いいからやらせてくれ」といっても、また同じことになると思うとね。


syo1.jpgですが、そこを見抜くのが私たちの責任なんです。今まで大きな失敗はその方のケースで、あとはだいたい成功しました。もっとやりたいのに少し仕事が足りないとかいう方はいらっしゃいましたが、それは苦情でなく、もっとやりたいということですから、むしろうれしいことだと思います。


あと、一人暮らしの男性から、部屋のお掃除や、車いすなので一緒にタクシーで映画を観に行ってほしいとの要望がありました。それが女性がよいというのです。


何かあると困るので、上司と相談して男の人に行ってもらったのですが、その男のボランティアは家に入れてもくれないで帰されました。そんな人のところに女の人は出せやしませんよ。


そういう人のボランティア紹介も私の仕事なんです。どうして男性ではダメなのですか?と聞くと、女の人の方が心細やかでよいというのです。女の人は結構忙しいので、男の方でとっても優しく、気が利く人がいますから、どうですか?といっても、「駄目だ。女性がよい」というのです。


こういう方がまれにいますが、私のほうからは、お断りしますとは言えないので、この場合も上司に断ってもらいました。


つらかった共働き奮戦記―20代〜50


実は、私は63歳で大病するまで、独身の時からずっと働いてきました。はじめは幼稚園に勤めていたのですが、結婚して、子育てもあったので、仕事は辞めました。


実家が鉄工所やっていたので、簡単な事務の手伝いをしていたのですが、そのうち借家でなく、どうしても家が欲しくなりました。家を買うために働きたいと主人に相談すると、「俺は一生アパート暮らしでかまわないから、家にいろ」と言うんです。でも、どうしても働きたいというと、「お前が勤めるのならば、俺はいっさい家事は手伝わない」と言われました。だから、長女にはとても可哀そうな思いをさせました。


姉のところには長女より小さな子供がいたのですが、姉の家の2階が空いていたので、そこに住まわせてもらいました。保育園から帰ってきた長女を姉にみてもらいながら、大きな会計事務所のタイピストになりました。


たくさんの会計士さんが働いていましたが、タイピストは私をいれて女性二人でした。私が行かないと、もう一人のタイピストの人に迷惑かけちゃうので、長女に「ごめんね」といって、お弁当とポットを置き、「行ってくるね」と言って家を出ました。「行ってらっしゃい」と言ってくれるのですが、もう一度そっと戸を開けてみると、ふとんをかぶってひとりで泣いているんです。もうね、あれはつらかったですね。


会計事務所の月末は忙しいので、帰りも遅くなります。すると長女が表で待っている、その後姿が不憫で、今でも心に残っています。私が「なにしていたの?」と声かけると喜んで、「おかあさんまだかなぁって思って、星を見てたの」っていうんです。「なにかつらいことあったの?」と聞くと、黙っているんです。


後から姉がいうのには、一緒に遊んでいた姉の子が、なにか気に入らなくて泣きだしたとき、「あけみちゃん(娘の名)、またいじめたの?」って言ったんですって。長女は「そうじゃない」といっても聞いてくれない。だから、「お母さん、まだかなぁって、お星さまとお話したの」って言うのです。


だから、子供が二人になったらば、やめよう、やめようと思っていました。仕事も今みたいなワープロやパソコンと違って和文タイプですから、失敗すると最初からやり直しになったりして、大変でした。会計事務所では最後の仕上げの部署にいたので、月末は何10件も打ちますから、どうしても残業になってしまいます。結局、二人目の妊娠でそこは辞めました。


その時、一番喜んだのは長女でした。いつも送りはしていましたが、お迎えは近所のお友達のおかあさんにお願いしていました。辞めたその日からは、私が園にお迎えにいきましたら、とてもうれしかったみたいで、「この人が私のおかあさんよ、おかあさんよ」って、みんなに私を紹介したんです。   


いまだに私の心に残っているのですが、長女はさびしくて、すごくまわりに気を使っていたと思うんです。口に出さない分、毎日おねしょしていました。主人は怒って、お尻にお灸するとか言ってましたが、私は幼稚園で先生をしていましたから、どうしてそうなるのか、心の病の方が多いと判っていた。どんなに新しい布団を作ってやっても、その日からおねしょをしちゃうんです。それが驚いたことには、私が仕事を辞めたその日から、ピタッとしなくなったのです。長女が学校に入る前でした。


そして二人目を出産、二人目も女の子でした。二人とも帝王切開なので、その時の輸血で慢性の肝炎になったようです。あのころは、お金がない人が血を売る時代でしたので、とんでもない血がいろいろとあったみたいです。その症状が20年くらい経たないと出ないんですね。


syo3.jpg長女が学校に行ってからは、次女を保育園に入れて、再び働きだしました。今の様にパートはなく、正社員です。経理課だったので、どうしても残業が多いのですが、みんなに迷惑かけられないので、残業もしっかりやりました。迎えに行く時間はいつも遅くて、遅番の時は、お迎えを人にお願いしていました。次女にもずいぶんかわいそうな思いをさせました。


次女が、まだ年中さんくらいの時に、「はしか」で保育園を休ませ、悩みましたが、仕事に行きました。そしたら、担任の先生が、保育園が終わって来てくれたらしいんです。「まさこちゃん(次女の名)のお見舞いに行ったら、おかあさんは、なんと一人だけ残して仕事に行ったのですか?なんと冷たい。鬼のお母さんです!」と言われた時はどんなにつらかったか。


次女はとくに気を回す、人の心を読む子でしたから、「おかあさん、お仕事だからいいのよ」と言ってくれるんです。「おかあさん、大丈夫だから、行って、行って」って言うんです。「行かないで」って、ダダこねないんです、まだ四歳の頃ですよ。そんな話をすると今でも、涙が出てしまいます。


小さな子供がいたのだから、その子が病気だからといえば休めたでしょう。でも、あの時、結婚して子供がいたのは私一人でしたから。周りは独身の人ばかりで、結婚すると辞める時代でした。「だから所帯持ちは、子持ちは駄目だ」と言われたら、後の人にがらないと思って休めませんでした。


保育園の先生にしてみれば、こんな時くらい休んであげないと、いつ休むんですか?という、うちの子供を思う気持ちから言って下さったのでしょうが、その時は「私の気持なんかわかるもんか!」と歯を食いしばりました。私も頑張りましたが、子供たちが一番頑張ってくれました。お陰様で、二人とも素直で、本当によい子に育ってくれました。


世界でひとつの絵本つくり


syo4.jpg上の子の成人式の少し前に、手作り絵本の講座を受けて、この子のために、私にしかわからない、この子の本を作ろうと思いたちました。講座が12月に終わったので、翌年の成人式に間に合ったんですよ。


絵本を読むと、長女はきょとんとして、「これ本当だったの? おかあさん、私ちっともさびしくなかったんだよ」というんです。「いつもおかあさんがかばってくれたから平気だった、お母さんはそんなに悪いと思っていてくれたの?」とあっけらかんと言うんです。「でも、おかあさん、これ一生の宝物にするからね」って言ってくれました。 


絵本つくりはそれがはじまりで、それから次女にも、そして孫にも絵本を作ってあげました。大きくなって保育園や幼稚園に入ると、「これ、ぼくの絵本だよ。僕の名前が入っているんだよ、僕が主役なんだよ」と、お友達に見せびらかしていました。


全部オリジナルです。絵も文章も私が書き、写真は切り抜いて貼るんです。表紙も全部、私が作ります。あのころカラーコピーもなかったので、本当に世界に一冊の本でした。


絵本つくりは、最初は働きながら趣味でやっていたのですが、ボランティアセンターで働き始めた頃、近所の小学校以下のお子さんと、独身のお年を召した方と、お子さんのいないご夫婦のための交流も兼ねて、教室みたいにしてやり始めました。


小学生は卒業すれば終わるのですが、大人の生徒さんは「孫と一緒にやっているみたいで楽しい」とすごく喜んでくださっていました。ある独身の高齢の女の方は亡くなるまで、ずっと続けてくださいました。とても器用な方だったので、たくさん作品を残していってくれました。


几帳面な方で、ずっと日記を書いておられました。亡くなられた時に、ご兄弟があいさつにいらして、「姉は一人ぼっちのさびしい人生かと思っていましたが、そうじゃなかったんですね。日記にすべて書いてありました。残った作品をお子さんたちにプレゼントしてあげていただけますか?」とおっしゃって、大変感謝されました。そういう方たちもたくさんいらして、一生のお付き合いをさせていただいています。


ある年、たまたま小学生が男の子ばかり集まってしまって、あまりに元気がよすぎ、にぎやかすぎて、お年寄りが驚いてしまいました。そして、「今回でやめますから」とボランティアセンターに申し出ました。すると、「それでしたら、お年寄りだけでやったらどうですか?」と言われ、平成21年から高齢者向けのサークルにして、「さざんか」と名前を変えました。


ライフワーク「さざんか」の始動―70


創設当初に受講されたお年寄りが、いまだに来ていらっしゃいます。でも、毎年のように亡くなる方もいて、今年は94歳のおばあちゃんが亡くなりました。それでもみなさん大変お元気で、遠くは豊洲からバスを乗り継いで来られる八十歳くらいのおじいさまもいらっしゃって、この会が一番楽しいと楽しみにしておられます。


私は病気の時にやりたいと夢みていたことが、こういうかたちで、実現できてすごくうれしいです。


今「さざんか」では、脳のためにどんなことがいいのか考えて、1分間スピーチを全員にやってもらっています。初めはやだやだという人に限って、5分もお話するので、こちらがストップかけるんですよ(笑)。


少し時間が余れば、「あと二分だけ話したい人は?」というと、豊洲のおじいさまなどが積極的に話されます。「ここに来るのはなにしろ楽しい。ここほど楽しいところはない」とおっしゃいます。今日も雨の中を来ていらっしゃってました。


お話し会とか、ゲームとか、脳トレのため、幼稚園に勤めた経験も活かし、いろいろ工夫しています。童謡を歌いながら指の体操をやってみたり 「これ脳トレです」なんて言わないで、自然にやってもらえるように心がけています。

syo5.jpg
地域クリスマスパーティーで庄司さんが焼いたパイ

童謡の「むすんでひらいて」を歌いながら、肩を叩いたりしてコミュニケーションをはかったり、最後にプレゼントをするために、お手玉をまわしながらのゲーム。「ずいずいずっころばし」や「とうりゃんせ」、「てまり歌」などを歌い、お手玉が止まった人に何か手作りのものを差し上げるんです。そうすると、見学に来た方たちが「私も入れてください」と、一緒に輪の中に入ってらしたりします。


毎月、変わったことを計画します。昨年の一年間は必ず「折り紙」をやりました。あれも脳トレに良いのです。季節の風物や行事にあった作品を考え、難しいところはあらかじめ作っておき、残りをみなさんに作って仕上げてもらいます。


今年は「粘土」やろうかなと思っています。私はいまだに児童館などに来てくれと呼ばれるんですが、それには飛び出すカードとか粘土を持っていきます。その季節にあったもので、来月は桜のマグネットを作ろうかなぁなんて考えています。白やピンク色の桜を樹脂粘土で作り、表面にラメを入れますと、とてもきれいなんですよ。 


いつも私たちが「さざんか」でやるのは二時間単位なのですが、児童館の場合は、お母さんとお子さんが一緒に参加しますから、一時間か長くて一時間半くらいで仕上げられるようにします。どんなに短くても、仕上げて帰さなければなりませんからね。決めるまで大変ですが、それも楽しいんです


今日は1ヶ月に1回の病院でしたから、朝八時すぎに家を出ました。注射もしないといけないので。いまだに病院にかかっているんですよ。でも、それをやっているおかげで、私はこんなに元気でいられるんです。


郷土愛から生まれた絵本「亀戸物語」


今日はそのあと、亀戸文化センターへ行き、十時からは「絵本同好会」でした。今、区から頼まれて、「亀戸物語 NO3」という「亀戸天神社」さんの本を作っているんです。私ひとりが作るのでなく、参加者を募集してみんなで作ります。みんなから集めた文章は最初はバラバラなので、それを私がまとめていきます。だいたい大雑把にまとめて、それを再度みんなに見せてこねていき、ストーリーにしていきます。


それを天神社の宮司さんに何度もみてもらいます。宮司さんも忙しい方で、時間がなかなか合わないので、この間なんか朝の八時五十分に待ちあわせました。早い時間でないと、宮司さんも時間がとれないのです。


私たちにはわからない言葉の使い方などを教えていただいたり、宝物殿の中に区の文化財などもいっぱいありますから、その中から、ふたつぐらい書かせてもらうのを一緒に選んでいただいたりします。


今回は図書館にも贈呈するため、プロの画家の方に書いてもらうので、その方にも一緒に行ってもらいます。区との共催の形で、文化センターでやるものですから、プロの画家さんには、区からお金が出ますが、私たちは無料奉仕です。生徒さんには、材料費など多少出るのですが。


今日は、だいたいどこに字を入れるかとかを決める仕事でした。来週からは、絵に文章を付けてゆき、最終的にはちゃんと糊で貼って、最後は表紙を付けたりして完成。結構立派なものが出来るんですよ。


亀戸九丁目の浅間神社の宮司さんも、町会長さんも、こういう本がお好きな方々です。私たちが作った原稿をそっくりお渡しして、同じ町会の印刷屋さんに1冊300円で小さくして作ってもらい、皆さんにお配りしました。


初め、私が提案したのは江東区で一番古い「香取神社」だったのです。「香取神社」は、藤原鎌足がまだ亀戸が島だった頃に、日本統一のために香取大神に戦勝祈願して、大勝したのが起因。665年に創建された由緒ある神社です。菅原道真公をお祀りする亀戸天神社は1646年だから約千年も違うのです。


私は郷土愛から、一番古い「香取神社」からと思ったのですが、「亀戸天神が一番有名だから、やはり亀戸天神がよい」という意見も多く、絵をかく先生も「ぼくは亀戸天神を書きたいとおっしゃったので、最終的には多数決で「亀戸天神」に決めました。


ひっぱりだこの江東区観光ガイド


私、江東区の観光ガイドもしています。旅行会社から頼まれてやるのもありますし、区主催のイベントとしてもやります。一月はお正月ですから、「七福神めぐり」も企画したりしています。

区の観光課の講座を六か月受講して、観光ガイドになりました。試験は現場でありましたが、私はずうずうしいのか、全然上がらずに合格できました。


今は、年に1819回くらいやっています。ただ歩くのでなく、いろいろ勉強できて楽しいじゃないですか。班の中では私が一番多いようで、うれしいことに、私がボランティアしている社会教育団体の利用者さんがご指名で来られるので、たくさん私に回ってくるのです。楽しかったからといって、千葉の方が再び観光バスでいらしたりもして。


だいたい「亀戸天神様」のあたりと「銭座」だけでも2時間か2時間半かかります。「銭座」は、銀座が銀貨を作っていたのに対し、銅銭を作っていたので「亀戸銭座」と言われました。銭形平次が投げた「寛永通宝」の投げ銭が有名ですね。だから、私も実物を買っておいて、ガイドの時にお見せするとみなさん大変喜ばれます。


今が一番しあわせ― 75歳


今が生まれてから一番しあわせだと思っています。主人には悪いけれど、恋をしていた時より幸せ!主人が「お前は、毎日誰か恋人に会いに行くみたいに出かけるな」って、ちょっとやきもちを焼くくらいです。行先は全部カレンダーに書いて出かけます。時間で動いているようなスケジュールですが、でも、それができるしあわせってあるじゃないですか。声をかけてもらえるしあわせも。


今は活動を13に減らしました。それでもほとんど毎日のように出かけてます。観光ガイドなどは、月回ということはありませんからね。勉強会もありますし、班ごとの反省会や集まりもあります。夜は出ませんが、昼間はフル回転。それでも、遅くなると主人がいらいらして、キリンさんのように角がでるんです。私、愛されているんで・・(笑)


子供が小さな時から「手伝わないぞ!」って宣言されて50年。やっと最近、お風呂は自分で沸かすようになってくれました。なぜかというと、彼は「時から男」で、時になると、まっさきにお風呂に入りたい人なんです。でも、私の帰宅が時を過ぎたらうるさいんです。毎日五時までは好きなテレビ番組があるので安心なんですが。


主人が退屈して、いらいらされると健康にも良くないし、認知症の始まりにもなりますから、なるべく1週間に1度は時間をつくって、一緒にでかけます。それも朝10時からお昼まで。なぜかというと午後は主人のお昼寝の時間なので、お買いものとお茶を飲むだけのデートです。


普段は、昼頃はなるべく帰って、一緒にお食事をするようにしています。そうは言っても、買い物をして帰る時に亀戸に寄ったりして、たまに時頃になってしまうこともあります。主人は先に食べていますが、角が生えています。 愛されているんですから、しようがないですよ()

そう思わないとできないし、主人が元気でいてくれればこそ今の私ができることなので、それは感謝をしないといけないと思っています。


私が、今これだけのことができるエネルギーの源は、皆さんが喜んでくれるということ、そして、それがうれしくて余計楽しくなる、今度はなにをしょうと考えると、また楽しくなる、その繰り返しです。


区から頼まれて児童館でやる「ママさんチャレンジ」も、回につき、打ち合わせに回は行きます。行くとみなさんが喜んでくれるんです。子供たちも喜んでくれて、私の似顔絵を書いて、「これ、庄司先生プレゼント!」と寄ってきてくれる。絵を見ると、頭でっかちで眼鏡かけて、口をくっとしている。そんなことがとても嬉しいのです。今のすべてが大事な私の宝物なんです。


あとがき


昭和14510日生まれの庄司菊江さんは、現在75歳。

60歳過ぎまで、働きながら家事や子育てをしてこられたキャリアウーマンのさきがけ的存在です。やがて大病を患い、つらい1年間の闘病生活を経験されます。そのことが庄司さんのその後の生き方に大きな影響を与えました。


健康を回復した後、現在に至るまでの12年、毎日フル回転で、江東区の観光ガイドや、63歳から始めたボランティアコーディネーター、そして35年間続けてきた絵本つくり、「江東絵本同好会」、平成21年発足のシニアサークル「さざんか」の主宰、保育士の経験を活かした児童館の「ママさんチャレンジ」のサポート等。現在も13の活動をしながら元気いっぱいに飛び回っておられます。


そうした庄司さんの姿や行動は、眼前に迫る高齢化社会のとてもよいお手本となりましょう。過去の思い出に浸る暇もなく、アクティブに今日を生きる庄司さんにとって、今が一番輝いて心身ともにお元気なのかもしれません。


「いまが一番しあわせ!」と素敵な笑顔でお話をされる庄司さんに、こうしてはおられないと、私も猛省させられました。これからもどうかお元気で、地域の健やかなるスーパーウーマンとしてご活躍されることをこころよりお祈りしております。 本当にありがとうございました。


ききがき担当:池内 伸子

posted by ききがきすと at 23:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | ききがきすと作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

ひとすじの道

語り人 山口益宏(やまぐち ますひろ)さん


長嶋茂雄氏と同年同月同日生まれです


yama2.jpg私の生年月日は、二二六事件のあった昭和11年の2月20日です。実は、あの長嶋茂雄さんと同年同月同日の生まれです。今日の交わりに呼んで頂いたのもそうですが、2月は私の生れ月でもあり、いろいろなご縁がある月のようです。(山口さんにお会いしたのは2月18日)

私が、小学校の4年生だったでしょうか。昭和20年8月15日に、日本は戦争に負けてしまいました。


当時、テレビは無くラジオの時代でしたが、ラジオからはキリスト教の伝道というような放送が流されていて、ドラフトも配られていました。


私は、なんにでも好奇心のある年頃でした。アメリカという国はキリスト教と関係があり、日本は神の国だから絶対に戦争に負けるはずはないと思っていました。なのに、その日本がアメリカに負けたということは、アメリカという国は素晴らしい国ではないかと思いました。また、ラジオではルーテルアワーという放送があって、「関屋五十二の聖書通信講座」がありました。その受講を終えると、誓詞をくださったのです。


そんなことから、私はキリスト教に関心を持ちました。そして高校二年で受洗し、それからずっとキリスト教に関連した仕事をしてきました。現在もルーテル教会に所属しています。


当時は大らかな時代でもありました。私の両親は仏教で、私自身はクリスチャンですから、きれいさっぱりと仏教は捨てれば良いと思うのですが、いちおう長年のご先祖ということもあります。だから捨てるということはなく、今日まできています。現在、唯一、私の跡を継いでくれているのは長男で、牧師の道を選んでいます。


クリスチャンとなり教師の道へ


yama1.jpgクリスチャンとなり、キリスト教の学校に43年間勤めることになりました。東京都北区にある、「聖」と書いて「聖学院(せいがくいん)」というところです。似たような名前の学校が玉川にもあって、先般イスラムで話題となった「後藤健二」さんは、玉川の聖学院の方でお話されたりしていました。彼は、田園調布の日本キリスト教会の信徒でした。


私の父親は教員であり、私は一人っ子でした。反抗したい気持ちも多少あって、免許は取っても教師だけにはなりたくないと思いながらも、いちおう教師の免許を取りました。


高校は都立青山高校でした。後輩には、俳優の「橋爪功」がいます。大学は東京理科大学です。当時一番やさしいと思われた数学科の数学の教師の免許を取り、ついでに理科の教師の免許も取りました。


今は、理科といったら細かな専門分野があって、一つ一つ分野ごとに資格を取らないといけないらしいです。でも、私の時は、同時に取るのは難しかったのですが、数学をやりながら、理科の免許取得に必要な実験2単位である生物のカエルの解剖を、夏休み期間中にやって取得できました。おかげで、中学と高校の数学と理科の分野、全部を教えることができました。


由緒ある聖学院に勤務


聖学院は、幼稚園から大学まで小中一貫校ですが、中学と高校だけが男子と女子に分かれます。私は中学と高校で男子校(東京都北区中里)を教えました。最寄り駅はJR駒込駅です。


聖学院の中に中里幼稚園というところがあるのですが「芥川龍之介」の二人の息子さんのうちのどちらかが卒業されています。聖大学(埼玉県上尾市)は、東大の教授だった「羮尚中(かんさんじゅん)」氏が、つい最近まで学長をされていました。学院は、そんな由緒あるところです。


私が所属するのは、日本キリスト教会の中のプロテスタントです。カソリックもそうですが、宣教師の人たちは船で日本にやってきました。東京は築地から入り、横浜や神戸からも入りました。


そして、田端に神学校を創ったのが始まりとなり、聖学院は現在100年が経っています。神学校から、普通の学校に移行したのですが、生徒数は現在おおよそ1000人弱かと思います。


YMCAでの活動


キリスト教の関連で「YMCA」(キリスト教青年会)という団体があります。聖学院はそちらの活動もしていました。戦時中には「YMCA」という言葉が使えませんでした。先生たちの間では、日本名の「日本キリスト教青年会」よりは「ベリアン会」という名前をつけようではないかということになりました。


名前の由来ですが、新約聖書の中に『人言行録(ひとげんこうろく)』といってお弟子さんたちのことを書いたものがあります。その中に、イスラエルで布教されていたパウロという方の記録に、異教徒の人たち(キリスト教の前の時代ですので、ユダヤ教の信徒)が一生懸命キリスト教の勉強会をしていて、ベリアン会=平理安会という名前で活動していたという内容がありました。それで「YMCA」を日本語的に「平理安会」と呼ぼうとなったようです。


私は数学を教えていたけれど、クラブ活動として「ハイYMCA」(ハイスクールYMCA)の活動を在職の後半にやり、退職前の二〇年くらいその活動をしていました。私が引き継いだ時「ハイYMCA」は、私の受け持っていた子供たちにお年寄りの施設だとか、北区にある社会福祉協議会と連携して奉仕活動をさせたりしていました。


生徒についてですが、聖学院は、もちろんキリスト教の学校として礼拝の授業はありますが、生徒は皆必ずしもキリスト教徒という訳ではありません。ですが、やはりクリスチャンの学校ですので、道徳の授業の提出課題が二つあります。一つは、教会に行って礼拝を受けて、週報にその感想を載せなさい。もう一つはキリスト教の本、例えば『塩狩峠』(三浦綾子著)などの本を読んで、感想を述べなさいというのがあります。


「YMCA」の活動は、国内だけでなく世界に広めるという役割があります。イギリスでスタート(現在はイギリスではなくなっています)し、アメリカでは費用の安いホテルなどの施設を利用して活動しています。


日本の「YMCA」は健在ですが、借金を抱えたことがあります。富士山のふもとの「山中湖」とか長野県の「野尻湖」など湖にある施設を売却しようとしたけれど売れませんでした。東京神田の美土代町の会館を、たしか住友不動産だったと思いますが買い取ってもらったこともあります。


その一方で、御殿場に「東山荘」というのがありますが、「東山荘」は東京とか山梨とか神戸とかの「YMCA」で同盟(皆でまとまって)して、売却せずにキャンプ地として守ったというようなこともありました。


なんと、クモ膜下を発症する      


yama3.jpg 神奈川県伊勢原市にある小田急線の愛甲石田という駅の近くに、父が住んでいた家があります。父は九十六歳で亡くなっていますが、家も土地もそのままに残っています。私は、現在東京の江東区に住居はありますが、江東区の住まいは趣味の書道をやるには狭いので、教会で日曜礼拝が終わると、夕方父が住んでいた家に行ったりしています。


その時も、日曜の礼拝が終わった後、夕方六時くらいに父の住んでいた神奈川の家に行き、次の水曜日の朝に、小田急線で新宿までむかいました。


私は普段、交通費を節約する意味から、2種類の回数券を使っています。一つは「時差回数券」。12枚綴りで、10時から16時までの間に改札を通るものです。もう一つは「土・休日回数券」。14枚綴りで、土・日・祭日乗車できるものです。両方を使いこなしながら、愛甲石田から新宿まで乗車しています。


3年前の6月6日水曜日午前9時58分、小田急の愛甲石田発の電車三両目のシルバー席のところに荷物を載せ、新宿にむかって約3分くらいの間にクモ膜下を起こしました。自分で荷物を載せたまでは憶えていたのですが、次の本厚木駅までに意識が無くなりました。


時間との闘いですから、すぐに本厚木の救急病院に搬送されましたが、クモ膜下ということで「東海大学病院」へ移されました。


でも幸いにも、脳に動脈瘤が無かったことで、手術をすることなく自然のうちに助かったようです。電車の中ではなく、一人でいる時に起こしていたらどうなっていたか分かりません。奇跡だと思います。


牧師の資格は神学校で


 私の長男は、神奈川の鵠沼(くげぬま)で牧師をして3年になります。日本ルーテル教会は、東京では飯田橋・六本木・池上・竹ノ塚・西東京・杉並など、神奈川では鵠沼・横浜・大船・戸塚などの分区があります。私は六本木教会の信徒ですが、今年のデータですと、これら全部の分区で牧師が決まったようです。六本木では新卒で20歳後半の若い人が採用されました。


 牧師は65歳定年(65歳以上の方もおられますが)です。仏教などと違って会社組織のようになっていて、給料などは信徒との契約で取り決められています。


 私の所属するルーテル教会は、アメリカから入ってきましたので、第二次大戦中は布教していませんでした。(フィンランドとかヨーロッパ系のルーテルもありますので、そちらは戦時中も布教しています)戦後、日本ルーテル教会と福音ルーテル教会が合体して、三鷹に神学校をつくりました。


 牧師になるためには、三鷹の神学校で勉強して資格を取ります。新卒の人が牧師になる場合は、担当者の相談の上で選ばれることになります。現在、牧師さんのなり手はあまりないのが現状です。


教団は収益事業も手掛けます


教会の信徒は、どんどんお年を召してきて、年金で暮らしている方が多くなり、昔みたいには献金ができなくなっています。教会としてもお金が無いと、牧師さんの給料が払えないということがあります。そのため、日本ルーテル教会は事業をしています。具体的に六本木教会でいうと、森ビルに地上権を貸しています。またファミレスのようなところに土地を貸して、収益事業をやったりしています。利益は教団に入り、教団から教会に援助をするというようなかたちになります。


六本木教会の収益事業についてですが、森ビルの人は、私たちの教会を仲間に入れることで、森ビルの中にも教会を取り込みたいと思ったようです。近くには霊南坂教会や鳥居坂教会などがありましたが、唯一、私たちの教会が一緒にやりましょうと言われました。でも、教会は、この誘いには乗りませんでした。


森ビルのある土地の名義は教団の持ち物で、そこに建っているビルは、三階までがアメリカンスクールの幼稚園、4階〜7階くらいまでが賃貸マンションです。収益事業として森ビルは利益を上げ、その利益の半分を教団に還元してもらっています。


それで私たちの教会は、一銭も出さないで三億の教会を建ててもらいました。ホリエモン、村上ファンドの社長などが住む建物の近くにうちの教会はあります。


貸している土地というのは、もともとは終戦後にアメリカの宣教師たちが、自分たちのお金を持ってきて買った土地です。しばらく名義は宣教師たちでしたが、その後に、教団に移し替えられたのです。ですので、他の教会と違って、私たちは自分たちで献金をして土地を買ったのではなく、アメリカの宣教師の方が出して下さったという優雅な状況がありました。


 牧師さんたちを支えるのは信徒の献金だけでは賄えないので、いろいろな場所を貸したりしている訳です。英語を話すようなアメリカの子供たちの施設として貸したり、ハンドベルの演奏会に使ってもらったりしています。税金の関係もありますので、献金という形で教団に収益を入れています。


東日本大震災のあった日


yama4.jpg東日本大震災のあった3月11日のことをお話します。その日は金曜日でした。


北区王子の「北とぴあ(ほくとぴあ)」で書道のお稽古がありました。他の用も少しありましたので、私の作品が「褒賞」という賞に入り、池袋のサンシャインで展示されていたので、次の日の土曜日に、それを見に行く予定でした。


でも、これは神さまが教えてくれたのでしょうか。


11日の金曜は、予定を変えて、午前中にサンシャインに作品を見に行き、「北とぴあ」へは午後二時くらいに着きました。地震で揺れた時は、「北とぴあ」にいました。私の後でサンシャインに行った人たちは、地震で崩れて作品を見ることはできなかったのです。


「北とぴあ」でもエレベーターは動かず、歩いて階段を下りました。その後、六本木教会で鵠沼から招くつもりの牧師さんと、午後4時くらいに会う約束をしていました。でも、地震のため王子から六本木まで電車は動かず、タクシーを待つのに5時間、乗って四時間もかかってたどりついた記憶があります。


趣味は書道とコーラス

私は43年間聖学院に勤めて、2001年3月に退職し、その後は年金生活です。

趣味としては書道をやっています。読売系のものですが、一度「秀逸」という賞を取ったものですから、その後は会費を納めながら、会の評議員になっています。評議員の作品は、都の美術館に展示されます。


 書道は退職する2年前くらいに、勧められて始めました。展覧会に出品するのには、大体1回で5万円かかります。その費用はランクが上がるごとにかかり、最高ランクの日展では100万くらいかかるらしいですが、作品は六本木の新国立美術館に展示されます。私の所属している会では、池袋サンシャインや都立美術館に作品は展示されます。


 また、私はコーラスにも入っています。聖学院の男子の卒業生のグループに首を突っ込んでいて、女子の卒業生グループと混声合唱団を組み、月1回練習しています。毎年11月の最後の金曜日に、市ヶ谷のルーテル教会で発表会があります。


皆さんご存知の六文銭の「小室等」は私の教え子ですが、この発表会に私(わたくし=個人的)で参加してくれたりしています。彼は、聖学院の時はなんと体操部でした。なぜ体操部だったかというと、女子生徒が見てくれるからだった…そうですよ(笑)。その後、彼は多摩美術大学を出て、スカウトされたのでしょうか、歌の道へ進みました。


混声合唱団では、キリスト教ということで、メサイアやワルツの唄などを歌います。英語で歌いますが、ぼろが出ないよう?…、今度歌うのは、独特のなまりのある二グロソングの予定です。


メンバーは女性の方が多く、全部で30人くらいでしょうか。年代は一番上が80歳に近くて、先生も80歳を超えています。先生は、私と同じ鵠沼教会に居られたり、聖学院で教えられたりしていて、私の結婚式でもお世話になったり、なにかとご縁のある方です。


イースター(復活祭)の卵


 少し余談になりますが、キリスト教ではイースター(復活祭)の時には卵が配られます。クリスマスや、クリスマスイブは毎年同じ日に決まっていますが、イースターは毎年違い、春分の日の後の満月の直後の日曜日になります。(4月の第一日曜日)


 いきさつは、キリストが十字架に架けられ命を落とした時、昼なのに真っ暗やみになり、その3日後に復活されました。殺されたのは金曜日で、死から蘇り復活されたのは日曜日となります。ひよこは卵から蘇るということから、イースターでゆで卵が使われるようになりました。

枯れていた草木が芽を出してくる、死から蘇る時期にうまく合わせているのです。しかし、オリエントや東洋には合いますが、南半球ではこれとは時期的に合わなくて、うまくないように思います…が。


教会には今も通っています


 定年後の活動としては、教会にずっと通っています。私は信徒の代表にもなっています。誰も引き受け手がいないということもあってやっていますが、牧師さんの代行をすることもあります。説教も証(あかし)といって、体験話などを「平理安会」や「人言行録」の十七章などキリスト教に合わせて話しています。


 平日は、6時28分の朝一番のバスに乗って、旧葛西橋から秋葉原に行きます。休日は、6時35分に出かけ、清澄白川に7時前に着いて、大江戸線始発6時52分で六本木の教会に行きます。一番乗りなので、自分で教会を開けています。日曜礼拝には、だいたい10人前後の人がやって来ます。


5人の子どもたちが支えてくれます


 私には5人のこどもたちがいます。長男は結婚して、鵠沼で牧師として働いています。


次の子の長女は、生まれながらに心臓に疾患がありました。当時、長女は学校の健康診断で結核だと言われたため、家族全員が結核を疑われ、結核予防法の適用で6ヶ月間は薬を投与しなければなりませんでした。私の親族にも医者がおりましたので、「ストレプトマイシン」は耳が聞こえなくなるからやめなさいということで投与しませんでしたが、「パス」と「ヒドラー」という薬は6ヶ月投与しました。


長女は、X線の写真で肺に影があったので結核を疑われても仕方がなかったのですが、生まれながらに「心房中核欠損」といって、心臓に穴が開いていました。うちのかみさんがその当時、風疹にかかったのが原因かもしれません。


長女は心臓の手術を2回していて、1回目は心臓の穴をふさぎ、6ヶ月後に再手術で、「僧帽弁」を取り付ける手術をしました。最初は穴をふさいだら大丈夫と言われたのに、弁も働いていなくて、再手術では成功率五分五分の確率でした。輸血が必要なため、私が勤めていた学院の生徒さん30人くらいを集めてお願いし、「順天堂大学病院」で人工弁の僧帽弁を入れて助かることができました。今は、社会人として「三菱商事」で働いています。


長男と長女は短期ですが、私の勤めていた聖学院で学びました。長男は高校の3年間。長女は、今は消滅しましたが、短大の2年間です。


次女は女子の聖学院で6ヶ年、次男は男子部で六ヶ年学びましたが、二人とも社会人としてのルートに乗りそこない、今は私の扶養者になっています。親父が教員である学校に子どもたちを入れ、しかも、思春期の複雑な時に入れたことを、私自身はその時は良いと思っていました。けれども、次男は反抗して、文系に進むように言ったのに、理系に進んで失敗してしまいました。


次女も、理数系が得意だから、長女の身体が弱かったので、医療関係、今でいう看護師が良いかと私は思いました。でも、看護師は文系だったのですね。わけの分からない物理や微分、積分などやらせてしまい、それでも看護学校で2年間は頑張ってくれましたが、看護師にはなれませんでした。本人は他に好きなことがあったようです。次男、次女二人とも、六年も私の学校に入れてしまいました。


現在、私の世話は、江東区の住まいで、この次男と次女が見てくれています。


三女は、いのしし年でたくましく、セーラー服の制服を着るような学校は嫌だといって、王子に近い桜ケ丘という高校で商業を学びました。大学にも行きたいということでしたが入れなくて、消防自動車のポンプを作っている会社にしばらく居ましたが、トラバーユしています。

経理が得意なので、高卒で社会人になり、今は有楽町の交通会館ビルの中で働いています。私の経理は、この三女が見てくれています。私はパソコンができないので、確定申告も彼女に頼んでいます。


私は、聖学院やルーテル教会、ユニセフなどにずっと寄付を続けているのですが、いつまでも勤めていた学校に義理立てしなくても良いのではないかと、彼女には言われています。口が達者な子なので、仕事場では男の上司とバトルをやっているようです。 


住まいが狭いということもあり、現在はこの三女と長女が、かみさんの面倒を見ながら、別に生活しています。


聖学院があったから今がある


yama5.jpgこうしてみると、聖学院の43年間は失敗のように思えたりもしますが、やはり聖学院でのことが人生で一番思い出深く、楽しかったように思います。

今でも聖学院があったからこそ続いているものがあって、例えば書道やコーラス、またつい先日もあったのですが、1年に4〜5回ご父兄の集まりにも呼んでいただいて、いつまでも若い方たちとお話できることは、とても有り難く、ぼけ防止にもつながっているように思います。


ちょっと自慢話を


 教え子たちの中にもさまざまな人が居り、各界で活躍されています。「小室等」もそうですし、人間国宝の「坂東玉三郎」も少しのあいだ接触したことがあります。直接教えてはいないのですが、将棋で竜王を取られたプロ棋士の「渡辺明」というような方も居られたりします。


日本キリスト教団というのはマンモスですので、時にはもめごとなどもあります。現在、そのマンモス教団の議長をされている石橋秀雄氏(越谷教会の牧師)は、学生時代に手品部で教えていたのですよ。手品の腹話術を使って、伝道されていたこともあります。また、教会で講談をやる資格を持っている方に「神田ナザレ」という方がいて、聖書の世界を、講談で語りながらうまく布教されています。


私と同じく聖学院を卒業した人の中には、芸術部門で現在活躍している「金子國義」という画家や、アメリカでも有名な写真家の「タッド若松」といった方が居られます。


私ばかりお話をしてしまいましたが、私にとって縁の深い二月に、皆様にお会いできて良かったと思っています。


あとがき


雪が舞うかと思われるような寒い日でしたが、山口さんとお会いし、お話をお伺い致しました。山口さんにとって、二月は何かとご縁のある月とのことでしたが、お話をされている間中、終始笑みを絶やさず、静かに語って下さいました。


戦中・戦後の混乱の中、キリスト教の洗礼を若くして受けられ、キリスト教徒として教職に就かれました。退職されるまでの長い道のりには、困難なこともたくさんおありだったと思われます。その年月を、ひとすじに歩まれてきた山口さんでした。数々の教え子さんたちと同じく、私も、人生の先輩として敬意を払いたい気持ちです。


多くの知人や友人の中には、芸術関係で有名な方々も居られ、この冊子の表紙に使わせて頂いた絵も、本文の中でも少し触れましたが、聖学園の卒業生の「金子國義」さんの作品です。山口さんも時々展覧会などに足を運ばれている方とのことです。


中にはお話にくい内容もあったかもしれません。失礼をお詫びしつつ、今後とも健康に留意され、どうぞ、ひとすじに道を歩まれますことを願っております。


ききがき担当:桑原雪枝

posted by ききがきすと at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ききがきすと作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

『あの日を忘れない』が国立国会図書館と岩手県立図書館に収蔵されました

宮城・岩手写真a.jpg『あの日をわすれない 東日本大震災を語る・岩手編』の完成に伴い、国立国会図書館に宮城編と岩手編を、岩手県立図書館には岩手編を寄贈しました。そして、このほど、両方の図書館から受領書をいただきました。

国立国会図書館からは、蔵書検索システム(NDL-OPAC)で検索することが可能になるとのお知らせがありました。6月20日頃の予定。
URLはこちらです。 http://ndlopac.ndl.go.jp

国民共有の文化的遺産として、長く保存していただけるそうです。多くの目に触れるようになれば、辛い経験をお話くださった語り手の方々の思いも伝わる機会も増えます。ききがきすとの役割が少しは果たせるものと感じています。

なお、宮城編はすでに宮城県図書館に収蔵され、近々、デジタル化されて全内容が公開されることになっています。ただ今、準備中です。

冊子は、次の福島編作成の資金とするために、どちらも1冊1,500円で販売しています。皆様のご協力をお願いします。
お問い合わせは、ききがきすとグループ・リーダー 松本(matsumoto@ryoma21.jp)まで。


posted by ききがきすと at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災聞き書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。